りおパパの日記

徒然なるままに。ドトールのコーヒーが好きです。

じいさん 200131

会社の帰りに親父さんの施設に寄る。毎度夕ご飯時。やっぱり食事は一口も摂れないが薬を飲むことは頑張っている。水を少々。今日は1日で50cc程度らしい。先週かなり厳しいと思ったけど、もちろん良くはならないけどその状態を維持しているように思う。ただ、…

じいさん 200130

昨日も今日も見舞いに行けなかったけど、今日は奥さんが見舞いに行ってくれた。ベッドの上でほとんど目を開けることもないようだけど、奥さんが行ったときは少し目を開けて手を上げてくれたらしい。食事は当たり前のように取れていない。経口摂取できている…

システムインテグレーション再生の戦略 いまSIerは何を考え、どう行動すればよいのか

斎藤昌義さん、後藤晃さんの「システムインテグレーション再生の戦略 いまSIerは何を考え、どう行動すればよいのか」を読みました。前半の状況認識は斎藤さんの前著「システムインテグレーション崩壊」と同じ。どちらかというと、そういう前提のもと、SIerに…

動かないコンピュータを振り返る 日経コンピュータ誌1000号分の軌跡

ISACAのセミナーに行ってきました。「動かないコンピュータを振り返る -日経コンピュータ誌1000号分の軌跡-」です。講演者は日経コンピュータの副編集長浅川直輝氏。動かないコンピュータといっても、本当に動かないということだけでなくコンピュータにまつ…

1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

エリック・シュミットさん他の「1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え」を読みました。そもそも、作者がGoogleです。GoogleだけでなくAppleのジョブズも多大なる影響を受けた、コーチであるビル・キャンベルさんの教え。…

じいさん 200127

今日も会社の帰りに施設に寄ってみた。計ったように毎度夕食の少し前。金曜日は「食いたくない」といって、涙を流しながら薬を飲まされていた。土曜日は観ていられなくて帰った。今日は・・・顔色は悪くないけど、また痩せたような気がする。もう2週間くらい…

修正會とコルナゴ

旧正月。今日は菩提寺で修正會の法要。旧正月のお祝いです。神仏習合なので、仏式と神式の融合したような正月。このお寺は一体何を守りたいのか?日本のしきたりというけれど、いつの時代の伝統を守りたいんだろう。宗教とはもう離れてしまったような気もし…

じいさん 200125

夕方、やっぱり気になって奥さんとじいさんのところへ行ってみた。今日は相撲を見ずにベッドに横臥。ほとんど目も開けない。ただ、顔色はそんなに悪くなかった。眠れるときはしっかり眠った方がいい・・・ 夕ご飯。また食卓に連れていかれる。きっと食事はで…

ロマンスドール

映画の予告を見た時から。園子の人形を作るんだろうなっていうのは判っていたけど、いとおしさが人形に魂を吹き込む過程が全てかな。職人がそのプライドをかけてリアリティーを追求する、それもあり。裏切られた技術を越えて究極のものを作りたいという怒り…

じいさん

お昼頃姉からのメール。じいさんは寝たままでほとんど起きられないということ。一緒にいても、何も話せないし、ひたすら辛そうとのこと。悲観的な感想が続く。 心配になって、会社の帰りに施設による。夕食の時間。夕食は食べられないけど、夕食の食卓には来…

システムインテグレーション崩壊

斎藤昌義さんの「システムインテグレーション崩壊 これからSIerはどう生き残ればいいのか?」を読みました。大きなストーリーは木村岳史さんの本の主張と同じ。ただ、明確になった点が2点。SIerは人月商売をしているから、必ず人月を増やす方向で提案を膨ら…

風邪

昨日少し夜更かししたせいか、風邪気味。会社で熱を測ってみたら、37.4℃あった。ちょうど薬をもらいに行く予定だったので、ついでに診断してもらう。時節柄インフルエンザのチェック。陰性。これだけでも来た甲斐があった。 夕方、親父さんの主治医から説明…

クラウドサービスの安全性評価に関する検討について

SAAJの今年最初の講演。経済産業省から「クラウドサービスの安全性評価に関する検討について」という話。タイトル通り、安全性評価に関する検討の状況ということでした。クラウドの安全性についての話が聴きたかった。最初の方はクラウドの重要性が色々。そ…

SEは死滅する 技術者に未来はあるか編

木村岳史さんの「SEは死滅する 技術者に未来はあるか編」を読みました。大きくは前著と主張していることは同じかな。明確に判ったことは、IT予算が削減される中で、システム部門が発注するシェアも削減方向にあること。あとはその裏返しなのだけど、カスタマ…

SEは死滅する もっと極言暴論編

木村岳史さんの「SEは死滅する もっと極言暴論編」を読みました。日本企業のIT部門とSIerがダメダメだという話。 IT業界の人月商売、多重下請けがもたらす45の毒害、これだけ書いておこうと思う。 1.SIerを頂点とした格差社会 1)労働集約型産業のままで知的…

じいさん

本日も記録しておく。15時頃施設を訪問。自室で休んでいるということでしたが、昼寝をしている様子。ベッドに寝ていても明らかに痩せたのが判る。補助があってもトイレには自分ではいけないらしい。昼寝も安らかというより、何だかとても苦しそう。5分くらい…

My fitness Report 200119

朝からフィットネスクラブへ。昨日と違って晴れて陽射しが暖かい。膝に少し違和感があるので、トレーニングも様子見ながらの感じでしたが筋トレは問題なし。一つだけ、肩の違和感が結構あったので、リアデルトイドは半分で辞めておきました。 トレッドミルは…

インビクタス

ラグビー映画の名作だけど主人公はネルソン・マンデラ。長い間アパルトヘイトで白人に精神的にも肉体的にも抑圧されてきた黒人にとって、白人のスポーツであるラグビーはある意味憎い白人の象徴。ただ、マンデラは当時の南アフリカが抱える課題を解決するた…

ラストレター

実はすごく楽しみにしていた映画でした。 原作とプロットは同じだけどディテールは違う。でも、その違うところが映像的にも、ストーリー的にも良かったような気がする。 30年以上たって、双子でもない姉妹を見間違えるかな(というか主人公は見間違えていな…

My fitness Report 200118

朝から霧雨。寒い一日でした。10:55からの映画を予約していたので、今日は上半身の筋トレのみ。膝の違和感もあったので、トレッドミルはお休み。行く前に筋トレの本を読んで、マシン利用上の留意点を気にながら取り組んでみる。いつもとそんなに変わらないと…

やることがたくさん

やることがたくさんあり過ぎ。どれも、自分の仕事ではないような気がするのだけど、誰かがやらないと進まないので、結局自分に回ってきてしまう?という感じ。ただ、もう少し工夫すれば良くなるのが判っているものを、そのまま放っておくには何となく忍びな…

じいさんの病院

月に1度のじいさんを病院に連れて行く日。先週の日曜日にあまりに弱っていたので、今日はできれば付き添いたかったのだけど、今日に限って色々用事が立て込んでしまい、姉と奥さんに任せる。 明らかに体力は落ちている模様。全然食事がとれていないみたい。…

うな重

昼食付の会合。いつもは「今半のすき焼き弁当」というパターンが多いのだけど、今日はうな重でした。鰻というと平賀源内のおかげで夏のものというイメージだけど、実際には秋冬の方が美味しいらしいということは昔からきいていて、そういえばじいだんがまだ…

ラウンド・テーブル

急遽招待されて、某社のラウンド・テーブルに参加する。新しいプロダクトの紹介とユーザーニーズの収集というのが彼らの狙い。ただ、我々はまだそこの製品を導入していなくて、導入を検討している段階。ニーズはあるけど、実際に判らないことも多い。ただ、…

My fitness Report 200113

本日も朝から。今日も予定通り下半身中心メニューをこなす。一昨日、ちょっと腹筋を頑張りすぎて、昨日は筋肉痛で大変だったけど、今日は全然大丈夫でした。ちゃんと48時間で回復しているということ?ちょっと不思議でした。 レッグプレスは年末に負荷を上げ…

My fitness Report 200112

今日は上半身中心のメニュー。チェストプレスの負荷が少し軽く感じたので、少しだけ負荷を上げてみる。問題なさそう。少しは効果が出てきているのか、上半身メニューは少し負荷を上げてみても良いのかもしれない。 ランニングは右アキレス腱に違和感があり、…

じいさん

少し書いておく。 午後から見舞いに行く。年末から入れ歯の調子が悪かったのと口内炎で食事が全然食べられなかったようですが、本日行ったら、1か月で体重5kg減とのこと。入れ歯は修理して直ったようだけど、しばらくまともに食事をしていなかったせいか、今…

明日の家族

正月の特別ドラマ「明日の家族」を見る。石井ふく子さんのプロデュースなので、何となく展開が読める感じでしたが、松重さんの立場は自分とも重なる部分があり、色々考えさせられる作品でした。この作品を見るきっかけは、珍しく民放のドラマ出演する宮﨑あ…

My fitness Report 200111

5日間あけて、6日ぶりのワークアウト。やっぱり日にちを空けると、少し体が戻っている反面、体が疲れていないのでいい感じ。今日は夕方からテニスもあるので、無理はしない。また、膝にちょっと違和感を感じるのが少し気になる。とにかく無理をしないで継続…

RED

島本理生さんの「RED」を読みました。Amazonのレコメンドに出たからなのだけど、それ以前に本屋さんで見て、ちょっと気になる本でもありました。大人の恋愛小説というか、渡辺淳一さんの小説を思い出しました。官能小説というわけではないけど、まあそういう…