りおパパの日記

徒然なるままに。ドトールのコーヒーが好きです。

My fitness Report 181209

今朝も朝から1本走りました。とても寒い。しっかり着込んで、最初は軽く入って体が少し温まってからペースを上げる。割と理想的な走り。2本目に入ろうかと思ったけど、少し右アキレス腱に違和感を感じたので無理せず辞める。

昨日は、朝走ってからカイロプラクティックに行き、その後はテニスの時間を除いてずっとセミナーの資料を作っていた。全体のストーリーは完成。ただ、完成度が低いので今日はそこを補う作業。運動もしっかりしたので心身ともにスッキリ。

[DATA]

本日の走行距離 5.4km

今月の走行距離 21.8km

1月からの走行距離 553.9km

浦和レッズ 天皇杯優勝

レッズが12年振りに天皇杯を制した。とても寒い日だったけど、さいたまスタジアム2002はとても熱かったんだろうな。今年はJ1でもピリッとしない試合があって、よくある下位チームへの取りこぼしも多く、リーグ戦はちょっと不甲斐ない成績。その分天皇杯には気合が入っていたのでしょう。それにしても、全然テレビ放送がないなんて。ずっとFacebookへの投稿だけで試合の内容を確認していた。宇賀神のスーパーゴールも結局スポーツニュースでやっと見られた。本当に、本当にスーパーゴールでした。

それにしても、天皇杯優勝だっていうのにテレビでの扱いも今一つだし、とても残念。でも、最後に結果が残せて良かった。

My fitness Report 181208

朝から1本走る。最初膝に違和感があったのでゆっくり入ったのだけど、2km過ぎから違和感も消えたので、無理をしないでジョギングペースで流す。ひんやりとした空気が気持ちいい。薄っすらと汗、クールダウンののちストレッチ。その後、カイロプラクティックに行って、気になっていた頸回り、腰を中心にマッサージを受ける。とても楽になった。今日はこれから昨日に引き続いて仕事。何とか今日中に目途を付けたい。

[DATA]

本日の走行距離 5.4km

今月の走行距離 16.4km

1月からの走行距離 548.5km

My fitness Report 181207

何と1週間ぶりになってしまいましたが、本日は有給休暇を頂いていたので、家の中で仕事が一段落した夕方からフィットネスクラブへ。ずっと統計セミナーの資料を作っていたのだけど、やっぱり統計というかデータをいじっているのは楽しい。

さて、最近トレーナーに薦められた一段飛ばしの階段上りの効果なのか、走り出しの体の重さがあまり感じられなくなった。今日も一週間ぶりなのに最初から結構なペースで走る。6km過ぎから有酸素運動領域を超えてピーク心拍になってしまいましたが、構わず10km過ぎまで一気に走ってしまいました。心拍は確かに180近くまで上がりましたが、そんなに苦しくはありませんでした。とりあえず、今日もたっぷりと汗。ストレッチして風呂に入ってスッキリ。

[DATA]

本日の走行距離 11.0km

今月の走行距離 11.0km

1月からの走行距離 543.1km

けもなれ・・・第9話

昨日もセミナーに参加して帰りが遅くなったため、楽しみにしていた「獣になれない私たち」は今日になって録画を見た。第9話ということは、最終回の1つ前のはずなのに、やっぱりモヤモヤ感が残ってしまった。確かに、獣にならなかったということ。だから、何だか第1話に戻ってしまったような錯覚を感じた。パワハラ社長に素直に従ってしまう・・・不正会計から足を洗えない。さて、最終話はどうなるのか。ずっとこのままなのか。ドラスティックに変わるのは逆に変だけど、このままではあまりにも現実的過ぎて怖い。

不正リスクを深く理解する

夕方からセミナーに参加。昨日睡眠時間が極端に短かったので、今日は一日中どこか集中力に欠ける。会議中も寝ているわけではないけど、全然集中していない自分を発見。やはり睡眠はしっかりと確保しないと・・・でも、今日も夜更かし覚悟でセミナーに参加。とても丁寧な説明で、良くわかったのだけど、何となく不正を研究するというのは、後ろ向きな感じがして面白くない。性善説かもしれないけど、やっぱり不正は起こさせてはいけない。

理屈として一番しっくりいった枠組みは「不正のトライアングルの進化系」といわれるもの。構成はPressure, Capability, Opportunity。確かに。不正をしなければならない状況に追い込まれていること。不正を行うだけの能力があること。そして機会。でも、防ぐために一番大事なのはやっぱり不正をしてはいけないという自制心であり道徳。追い込まれても、能力があっても、機会に恵まれても不正をしない人はしない。今、百田尚樹さんの「日本国紀」を読んでいるのだけど、戦国時代の章にヨーロッパ人から見た日本人の印象として以下のようにまとめている。

「善良で親しみやすく、名誉を重んじ、盗みを憎む。これが16世紀の日本人の姿であった。(中略)ただ、300年後の幕末の頃に日本に来たヨーロッパの人たちも同じような印象を記している」

やはり、文化であり教育なんだろうな。

飲み会

何だか妙に暖かい一日。会社に着ていったコートはそのまま会社のロッカーの中に。昨日の今日で呑気に飲み会という気分ではなかったのだけど、少し特別な飲み会だったので参加。ある意味呼ばれたことにとても感謝しなければならない。

10月から少し役割が変わって、自分としてはあまり変わっていないつもりだったけど、明らかに情報から遠ざかっていることを実感。話を聴いていて、「あっ、そうなんだ」と思うことがいくつか。ただ、そういう話はあまり好きでもないので、そういう場所から離れたのは自分としては良かったのかもしれない。飲み会が終わったのが22時半すぎ。久しぶりにこんなに遅くまで飲んだ。量は大したことないけど、時計を見て「しまった」と思ってしまった。今はもう、完全に朝型。今晩の睡眠時間を考えて痛く反省。