りおパパの日記

徒然なるままに。ドトールのコーヒーが好きです。

2024-01-01から1年間の記事一覧

My fitness Report 240420  / Tokyo Vice

午前中、耳鼻科。9:30~なので、10分前に着くように行ったら、ギリギリ座れるくらい待合室が混んでいました。次の人からはベンチに座れず。なんだかんだで、1時間以上待って簡単な診察&処方箋をもらう。薬局は空いていたけど、大変でした。今シーズン最後…

My fitness Report 240414

今日は朝からジムへ。昨日上半身の筋トレをしたので、今日は下半身中心の筋トレ。それとトレッドミル6.0km。いつも通り、ストレッチを入念に。サウナ1セット。昨日ほどではないかもしれないけど、しっかり汗を流した爽快感。 お昼は三軒茶屋まで行って、新潟…

My fitness Report 240413

お昼は久しぶりに近所の讃岐うどんの専門店のうどんを頂く。ここはとり天うどんが名物のはずなのだけど、揚げ物はやめておく。豚バラ温玉ぶっかけうどん。期待通り美味しかったです。 午後一番で出雲大社埼玉分院にお札を返しに行く。バイクを買ったときに交…

無理をしない

昨晩は少し遅くなって、23時過ぎの帰宅。それに少し飲み過ぎました。お風呂に入らずに寝てしまったので、朝からシャワー。お酒が残っている訳ではないけど、あまり体調は良くない。Fitbitの睡眠時間は4時間47分。昨日が4時間41分だったので、2日続けて5時間…

お祝いの会

4月に執行役員に昇格した同僚のお祝いの会。最近同僚の還暦のお祝いの会の案内も来た。別にお祝いの会をしてほしかったという気持ちはそんなにないけど、還暦も定年退職した時も、そして役員に昇格した時も自分は誰からもお祝いの会的なものをしてもらったこ…

生成AIで世界はこう変わる

今井翔太さんの「生成AIで世界はこう変わる」を読みました。まずは、強化学習とか自己教師あり学習、教師ありファインチューニング(Supervised Fine-Tuning)、人間からのフィードバックに基づく強化学習(RLHF:Reinforcement Learning From Human Feedback…

Destiny

今日から石原さとみさんのDestiny が始まる。21時から初回放送。当然オンタイムで見る。脚本は吉田紀子さん。代表作はDr.コトー診療所みたいだ。これはこれで楽しみ。 第1回は主に大学生時代。ちょっと厳しい感じもするけど、石原さとみさんが美人で有ること…

366日

本日から始まったフジテレビの月9、「366日」。主演は広瀬アリスさんと眞栄田郷敦さん。高校時代から思いを伝えられなかった二人が同窓会で再会し、連絡先を交換。それからやっとお互いの気持ちを伝える。両想いの2人なのにお互いの気持ちを伝えるのに丸々1…

市子

「ある男」を見てからレコメンドに従って、AmazonPrimeで鑑賞。アンナカレーニナではないけれど、自分の名前を語れない理由は一人ひとり別の理由があるということでしょうか。ただ、不幸になることが生まれた時から決定づけられているような生まれ方なんだな…

オッペンハイマー

3時間の長編だけど全く長さは感じなかった。すごい作品だと思う。クリストファー・ノーラン監督の作品というのは、こういう作品なんですね。時間がいったり来たりするのと、登場人物が多いので頭の整理が大変。アインシュタインをはじめ、ボーアとかテラーと…

結婚記念日

32回目の結婚記念日は、表参道にある川上庵で夕ご飯を頂きました。まずは、3種の豆腐とアボカドとモッツァレラチーズの前菜。 これは鮮魚と生野菜のカルパッチョ 春野菜の天ぷら 鶏肉の味噌焼き 牛肉のレンコンはさみ揚げ そして、しめはおろしそば。 間違い…

大谷さんのドジャース初ホームラン

昨日はゆっくりできたせいか、背中の鈍痛はだいぶ改善された。それと昨日の雨も上がって、朝、家のドアを開けたら明るい空が見えた。やっぱり、朝、明るいと気持ちがすっきりする。やる気も湧いてくる。会社ではいろいろ。ずっと気になっていた、大谷さんの…

鈍痛

一昨日から背中の鈍痛が消えず。少し心配。昨日は23:00頃ベッドに入って、すぐに眠りについたけど、2時間ごとくらいに断続的に目が覚める。変な疲労感も抜けない。背中の痛みも気にするとますます気になってくる。オフィスから外を眺めていると、昼前から予…

ChatGPTは神か悪魔か

「ChatGPTは神か悪魔か」を読了。正直評価は難しい。この本、山口周さんのラジオ番組で知って購入したけど、AIに関する論客たちが一章ずつを担当する形の、ある意味論文集。ところが、最初の落合陽一さんの章は正直自分には良く分からなかった。これで、ちょ…

新しい年度のスタート

新しい年度のスタートは雨でした。いつもの電車に乗ったのだけど、電車がいつもより混んでいる。新年度の月曜日。新しいスタートが雨なのはとても残念。 昨日、山田裕貴さんと西野七瀬さんの結婚が公表された。素直におめでとうございます。坂道シリーズのア…

田無神社

快晴。今日は東京は28℃まで上がったらしい。140年の観測の歴史で3月にここまで気温が上がったのは初めてらしい。午前中少し遅れて田無神社を参拝。自転車で20分ちょっと。意外に近かった。田無神社は、5つの竜神が祀られている神社として有名。辰年の今年に…

The Parades

Netflxで鑑賞。藤井監督の作品。この世に未練を残した死者が、残した未練に区切りをつけるまでの間過ごす場所。月に1度夜のパレードでお互いに会いたい人を探しあう・・・最初は東日本大震災を思わせる瓦礫の街。そして避難所。生死の境界を超えてしまった人…

テニスイベント

暑い。久しぶりの快晴。初夏を思わせる天気。午前中に散髪を済ませて、午後から、テニスクラブのイベントに参加。ちょうど10年通ったテニスクラブだけど、今月で営業終了。本当にこのクラブでのテニスのやり納め。今日はゲームレッスンで、中級以上のメンバ…

来月に先送り

今月の取締役会で報告という話だったので、結構無理もして作った報告書だけど、今日の会議で来月に先送りすることが決まった。なんだか、ちょっと気持ちの張りが無くなってしまった。何のためにこんなに急いで頑張ったのか?ただ、久しぶりにガッツリ集中し…

経理財務部飲み会

経理財務部の飲み会。誘われて行ったのは、グランパークタワー、ホテルのようなタワマンでした。本日は、ここの会議室を借りての飲み会。ここが経理財務部長の住んでいるマンション。素直に「凄い」としか言いようがない。駅から近いこともあって、通勤とか…

生成AI革命

野口悠紀雄先生の「生成AI革命」を読みました。いつもながら、説得力があり、刺激的な内容。最後の方にシンボルグラウンディング理解と言っているのは、記号設置問題のことだと思う。今井むつ美先生は、AIは設置しないため人間のように理解できないという解…

調査レポート

04:44起床。昨日はベッドに入ったのは23時頃だったけど、早めの帰宅だったので疲れはあまり無い。天気が悪い分、花粉症は落ち着いていて助かる。木曜日の経営会議の報告4つのうち3つが来週火曜日の臨時経営会議へリセット。これでシステムの報告に集中できる…

春になったら

最近ずっと仕事に集中していたので、帰宅も遅いし、テレビを見ることもなかったのだけど、今日は少し余裕があって、久しぶりにのんびりテレビを見る。「春になったら」最終回。予定通りの旅立ちの回。思い出の写真。写真部のOBという設定だから、いたるとこ…

Respect All Tour AIコンサート

奥さんと里緒さんと3人でAIのコンサートに行ってきました。AIさんのどこまでも通る声、パワフルなサウンド、楽しいトークで会場もノリノリでした。とにかくAIさんがいい人なんだなという人柄がよくわかるコンサート。ダンスも結構なパフォーマンスでした。

有村架純写真展 SOU

有村架純写真展SOUを見てきました。同名の写真集が発売されていることは知っていて、2月から池袋PARCOの特設会場で写真展をやっているのも知っていたので、いつか行こうと思っていたのだけど、いよいよ最後というギリギリのタイミングで行くことができました…

四月になれば彼女は

ずいぶん昔に原作を読んだけど、あまり覚えていない。ただ、森七菜さんが演じた春さんは、原作では宮崎あおいさんのイメージでした。ただ、森七菜さんを見ていて全然違和感なかった。多分この作品には彼女の方がイメージがあっているように思う。ウユニ塩湖…

最後のレッスン

土曜日の午後、いつものようにテニス。ただ、今日は特別。今週の気温と朝から雨という天気から、寒さを懸念していましたが、意外に大丈夫でした。10年間通ったテニスクラブでのレッスンは本日で終了。来週、イベントを申し込んだけど、今月でこのテニスクラ…

人生後半の戦略書

アーサー・C・ブルックスさんの「人生後半の戦略書」を読みました。前半は流動性知能と結晶性知能の話。流動性知能とはいわゆる「頭の回転の速さ」や「地頭の良さ」などその人本来の頭の良さを表す知的能力で、この能力は「これまでに遭遇したことのない状況…

山本由伸メジャーデビュー戦

MLBの開幕第2戦@韓国。ドジャース山本由伸選手のメジャーデビューは初回5失点、降板というほろ苦いものになりました。大谷さんは1安打1打点。惜しい外野フライが2つ。いずれもあと一歩届かず。ホームランはお預けとなりました。一方で、通訳の水原一平さん…

ある男/隣人X

AmazonPrimeで鑑賞。原作はずいぶん前に読んだ記憶があるけど、大分忘れてしまった。ただ、いろいろな事情で、自分の名前を捨て、別人として人生をやり直したいという人がいるのは事実。本当のその人でなかったにせよ、その人がその人として生きていた時間を…