りおパパの日記

徒然なるままに。ドトールのコーヒーが好きです。

日記

My fitness Report 190219

10日ぶりになってしまいました。それにしても体が重たい。朝起きてから会社に行くのも何だか体が重たい気がする。という訳で、トレッドミルも最初はかなりしんどかったですが、2kmくらいからやっと自分のペースになりました。それでも、今日は随分辛かったな…

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

伊神満さんの「『イノベータのジレンマ』の経済学的解明」を読みました。伊神先生は イェール大学の准教授。本当は実績を残すために、日本語の本など書いている場合ではないと思うのだけど、後書きにあるように色々な思いがあって休日を使ってこの本を書いた…

事件

昨年からくすぶっていたことですが、お寺で起こった事件に駆り出されました。一方的に怒鳴られる展開で話ができない人なのかと思っていましたが、こちら側の対応の不手際も推察され、本来のお寺とは何なのかを改めて考えさせられました。これから裁判沙汰に…

情報セキュリティマネージャー ISACA カンファレンス in Tokyo

今日は14時からみっちり4時間、カンファレンスに参加しました。でも、今日のテーマは面白かった。4時間全然飽きることがありませんでした。テーマは、1)セキュリティをまもる。人と組織の軌跡 東京電力 谷口浩先生。2)自動車のIoT、自動運転、MaaS化に伴うセ…

天才を殺す凡人

北野唯我さんの「天才を殺す凡人」を読みました。サブタイトルが「職場の人間関係で悩む、すべての人へ」とあるようにストーリー形式の小説っぽいけど実はビジネス書。天才や秀才は一握りの人たちだけど、天才は創造性を、秀才は再現性(≒論理性)を武器にビ…

すごい読書術

角田和将さんの「すごい読書術」を読みました。この手の本は大好き。読んで思ったことは、テクニックというより「集中して早く読むことに意識すること」ということみたい。しっかり読み込むよりもざっと集中してみて、何回も見返すというのは確かにいい。1ペ…

社員の力で最高のチームをつくる

ケン・ブランチャード他の「社員の力で最高のチームをつくる <新版>1分間エンパワーメント」を読みました。この本、星野リゾートの星野社長の座右の書ということで、帯も星野社長。星野社長が監訳者になってる。 会社の経営に「社員の持っている力を役立てる…

平成はなぜ失敗したのか

野口悠紀雄先生の「平成はなぜ失敗したのか」を読みました。平成の時代に何が起こったのかというと「新興国の工業化とIT革命」である。平成が停滞した30年になったのはこの変化に日本が対応できなかったこと。野口先生の言葉でいえば「脱工業化を図り、産…

一本の電話

一段落していると思っていた北の現場から電話。本来なら13日の会議で一段落ということで、15日に「飲み」の約束をしていたけど、それは難しいというもの。電話で話しただけだけど、一段落どころか現場は燃え盛っているらしい。おかしい。そもそも自分は収束…

闇金ウシジマくん3 / 闇金ウシジマくんFinal

闇金ウシジマくんシリーズの3とFinalを一気に見る。少しグロいシーンもあるけど、何だか見てしまうシリーズ。それは、ウシジマ君だったり、出演者の一言が真実だったりするからかな。何でこんなマルチ商法とかキャバクラ嬢に引っかかるんだという単純なとこ…

修正會

所謂、お正月。菩提寺は和暦を用いているので、今がお正月。今日は正月六日になるようだけど、お寺御用達の出入り業者さんを呼んで、お正月のお祝い。神仏習合でもあるので、神前式と仏式の双方の正月行事があってから軽く会食。何となく思いがあってやって…

インシテミル

2010年の作品。Netflixで鑑賞。もう少しミステリー小説に詳しかったら、もっとトリックなんかも楽しめたのかもしれない。インディアンの人形を見たときに、アガサクリスティの「そして誰もいなくなった」を意識しているので、どれだけ引用があるのか楽しみだ…

運命を拓く

中村天風先生の「運命を拓く」を読みました。本を読んだだけで悟れる訳ではもちろんないけど、一言でいうと心の持ちよう。いかなる時も感謝と歓喜の感情を持たせるように心がけ、心を清く、尊く、強く、正しく持てば運命は必ず拓かれるということ。心の持ち…

My fitness Report 190207

2日続けて飲み会だったので、今日は早めに帰ってきてフィットネスクラブへ。早く上がったつもりだけど、行ったのは20時過ぎ。筋トレを少しやってから、トレッドミルを10.8km。あまり脚の調子がいいわけではないのだけれど、幸い痛みはほとんどでなかった。で…

AI時代のエンタープライズ・アーキテクチャ

何となく会社でEAの話が出てきて、ずっと腹落ちできないでいたので、1冊読んでみました。AIの説明もEAの説明も判り易く割と初心者向けに易しく書かれた良書のような気がしました。なるほど、クラウド化が進んでSaaSなんかが増えるとTAのところのウェートは下…

飲み会

今日は特別な仕事で夕方からヒアリング。19時に終わって、誘われるままに飲みに行ってしまいました。明日も飲み会だから遠慮すべきだったかもしれませんが、1時間だけという甘い言葉に載せられてしまいました。でも、悪くない飲み会でした。サクッと1時間で…

仮想人生

ネットで評判のはあちゅうさんの「仮想人生」を読みました。Twitterの裏アカウント。匿名だから呟ける現実。もう一人の自分はある意味自分の本能の別の形。リアルな世界とは決して交わらないのかと思ったけど、最後の方でいくつか裏アカウントの自分とは違う…

My fitness Report 190203

31日はフィットネスクラブに行ったけど走らなかったから、また1週間以上ぶり。良く晴れて、風もない中なのでとても気持ちいい。でもあまり脚の調子は良くない。3km過ぎから膝に違和感を感じたので、やっぱりペースは上げずに最後までジョギング。当面はだま…

テラスハウス

28日にNetflixに加入してから、里緒ちゃんと奥さんはテラスハウスにはまっている。最初から、「テラハが見たいからNetflixに入って」といわれていたので、予定通りなのだけど、毎日3話~4話ずつ見まくっている感じ。昨日も帰りが早かった里緒ちゃんは夜の7時…

2月

早くも2月になりました。1月は何となく不完全燃焼。思ったように仕事が進まず、一進一退な感じ。勉強の方も予定程は進まない。そろそろ、気持ちを引き締めていかないと、何も成果を出せないうちに日にちばかりが過ぎてしまいそう。 今日は風が強くて、結構寒…

筋トレとサウナ

1月最終日。今月は3回しかフィットネスクラブに行っていなかったので、今日は頑張って、4回目。月4回通うのは最低限の自分のノルマ。ただ、ちょっとした用事て出遅れてしまったので、フィットネスクラブに着いたのは21時過ぎ。歩いていて膝も違和感を感じる…

もっと言ってはいけない

橘玲さんの本はいつも刺激的。「AI vs 教科書が読めない子供達」で最近の子供はそもそも教科書が読めないという話にちょっとした驚きを覚えたけど、橘さんによるとこれは今に始まった話ではなく、昔からそうだったということらしい。それでも昔ややれる仕事…

特権IDの管理と監査

ISACAの月例に参加。このテーマはとても重要なのだけど、そしてとてつもなくリスクのあることはわかっているけれども、今の体制でどこまで厳格にできるのかを考えるとなかなか憂鬱なテーマ。確かにリスクは高い、管理も監査も必要だけど、そこまで手間とお金…

瞬読

この手の本は大好きで、色々試してはいるのだけどそんなに本を読むスピードが上がっているわけではない。でも、この本で示しているトレーニングは確かに経験的に自分が読んでいる読み方を発展させているようなところがあり割と好感触。文字を並べ替えたり、…

重力ピエロ

今日もAmazonプライムで見てしまいました。やはり伊坂幸太郎さんの原作ということで、ちょっとした捻りがあって、そしてそれには説得力があって全体としてとても面白い作品になっていたと思います。泉水と春のキャスティングもマッチしていたかな。仙台の街…

十二人の死にたい子供たち

原作を読まないで見て正解。次の展開が全然わからなくて、最後にそういうことだったのか・・・という形で終結。なるほどと納得いく形ではなく、そういうことかという感じ。それは、誰かが裏でシナリオを描いて、シナリオ通りに展開したのではなく、偶然がい…

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

本日もAmazonプライムで1本。そもそもの設定が設定だし、真面目に考えるとどうなのかなと思うところもあるのだけど、それはそれとして、グッとくるものはありました。純粋にこういう映画は好きです。 一緒になれない運命と判っていても、自分にとって初めて…

妻のトリセツ

一部で結構話題になっていたので、ついつい買って読んでしまいました。男脳、女脳、文系、理系っていうのはあまり信じていないのだけど、何だか納得できる話が色々出てきて、かなり説得力がありました。一言でいうと、「女性は、共感されるとストレスが解消…

My fitness Report 190125

何だか久しぶりになってしまいましたが、会社から早く帰ってフィットネスクラブへ。昨日からとても気になっていたのだけど、左目がものもらいなのか結膜炎なのか、瞼が腫れぼったくて、それでいて目ヤニなんかも出る。外は寒いし、なかなか気持ちが前向きに…

菜根譚×呻吟語

NHKの100分de名著の別冊「菜根譚×呻吟語」を読みました。中国の二大処世訓。ベースに儒教の考え方があるから、仁・義・礼・智・信の五常を基本に「道徳的に生きる」というところが基本。ただ、ベースがそこにあっても仏教やその他の考え方も織り込まれている…