りおパパの日記

徒然なるままに。ドトールのコーヒーが好きです。

キラーストレス

 NHKスペシャルで放映された「キラーストレス」を読みました。科学が発達するということは、こういうストレスと体、とりわけ脳への影響が判るという意味で凄いことだなと思いました。やっぱり根性だけでどうなるものでもないということが良くわかりました。と同時に、ストレスとうまく付き合う。ストレスに応じていくつかの方法でうまく対処するということが大事なことが良くわかりました。コーピング、ストレス解消の手段をいくつか持っておくこと、マインドフルネスを実践していくこと、これらをうまく組み合わせて、自分なりに対処していくことが上手に生きていくコツなのかなと思いました。非常に勉強になりました。

キラーストレス 心と体をどう守るか (NHK出版新書)

キラーストレス 心と体をどう守るか (NHK出版新書)

 

[DATA]

今月の読書 6冊

1月からの読書 64冊

インデックス

 久しぶりの姫川玲子シリーズ作品。ただ、これ、短編集だったのですね。やはり長編の方が読みごたえがあります。特にこうした推理ものは、色々な伏線があって、最後につながるようなところは短編ではなかなか望めません。でも、最後のネグレクトの話しは、ストロベリーナイトから続く、このシリーズのグロいところが出ていて、面白かったです。最後に菊田が戻ってきた。姫川班が再び集合するのか、少し楽しみになってきました。

インデックス (光文社文庫)

インデックス (光文社文庫)

 

 [DATA]

今月の読書 5冊

1月からの読書 63冊

帰国

オーストラリアから帰国しました。JAL722便。

今朝はホテル出発が朝の4時40分。今回の旅行はとにかく朝が早かった。目覚ましは出発1時間前の3時40分にセット。一応、Wakeup Callも頼んでおいたけど、オーストラリアでモーニングコールが時間通り鳴るのは50%と聞いていたので、目覚まし時計をセット。結論から言うとモーニング・コールは鳴りませんでした。まさか、英語が通じなかったか?

帰りはJAL。日本の航空会社にこだわりました。食事とキャビン・アテンダント。何となく日本人の接客を期待してしまいんす。

久しぶりの海外旅行で、一番変わったのは飛行機の装備。映画を自分で選択できる。往路は夜ということもあって、「三月のライオン(前編)」「三月のライオン(後編)」の2本を見ただけだったけど、帰りは昼間でもあり「ちょっと今から仕事やめてくる」「後妻業の女」「スティーブ・ジョブス」「プラダを着た悪魔」の4本を一気に見てしまいました。離陸直前から、着陸15分前までずっと映画三昧。ちと疲れました。

成田からの帰路はバスが楽なので、少し時間はあったけどバスを予約。その分、成田空港で夕ご飯。きつねうどん。あ~これがとてもホッとする。

f:id:acts_1101:20170820105041j:plain

空港で、podcastをダウンロード。帰りのリムジンバスの中で今週のニュースを聴く。リムジンを降りたときはゲリラ豪雨のような雨。ここからはタクシーで自宅まで。やっぱり自宅は落ち着く。

里緒ちゃんは友達とカラオケに行っているらしい。私は今週の月9コードブルーを見る。このドラマは大好き。思わず、2回見てしまいました。

Nicks Seafood

ずっと、オーストラリアっぽい食事ができていなかったのだけど、オーストラリアといえば、2つのスター、つまりロブスターとオイスター、そしてオージービーフというのが定番らしい。何も考えずに、ガイドブックの一番上にあったシーフードレストランを予約。日本人向けに、Seafood Platter Deluxというのがあるというので、迷わずこれを注文。明日の朝が早いこともあって、夜6時に予約していったら、レストランに1番のりでした。

ダーリング・ハーバーにあるレストランで、完全なオープンテラス。ただ、この時期風があると寒いので、テーブルの横にストーブが。窓際ならぬ一番海よりの席に案内されましたが、当然強風でメニューやナプキンが飛んでしまう。でも、あんまり店の人は気にならないみたい。

で、料理。見た瞬間、ボリュームの凄さに圧倒されました。写真が完全にブレているのだけど、フラッシュが上手くたけなくて。とても残念。でもロブスターもオイスターも、ムール貝、カニ、エビ、そしてフィッシュアンドチップス。凄いボリューム。とても完食できませんでした。でも、シドニーのシーフードを堪能。

f:id:acts_1101:20170818170501j:plain

f:id:acts_1101:20170818170515j:plain

サラダがとても美味しいのだけど、完全に体が野菜を求めているんだろうな。そろそろ日本食が恋しくなってきました。

f:id:acts_1101:20170818170506j:plain

f:id:acts_1101:20170818180106j:plain

明日の朝は早い。8時前にお店を出て、一路ホテルへ・・・

ブルーマウンテンズ

実は今回のオーストラリア旅行に来るまであまり知らなかったのだけど、このブルーマウンテンズは日本人に最も人気のあるツアーらしいです。シドニーに来る人の8割くらいが申し込むらしい。というのを、シドニーでオプショナルツアーに申し込んだ時に知りました。昨日一日でシドニーの街中は大体歩いたし、ちょうど良かったくらいでしたが、来てみて驚きました。凄い!本当にすごかったです。シドニーに着いた晩、3日目をどう過ごそうか考えて、たまたま見つけたオプショナルツアーに申し込んで大正解でした。

まずは、有名な三姉妹の岩。青空がとても綺麗です。

f:id:acts_1101:20170818090958j:plain

Sky Wayというロープウェイから乗り出して撮ったカトゥーンバ滝。水量は大したことなかったのですが、4段?あって、高さは十分。

f:id:acts_1101:20170818095909j:plain

途中、小雨が降って来て嫌だなと思っていたら、これが虹になる幸運。ユーカリの森の上に掛かる青霞と虹がとても綺麗でした。

f:id:acts_1101:20170818100553j:plain

Eco Pointってやまびこのポイント?ここが、展望台になっていて、三姉妹の岩もまじかに見える。

f:id:acts_1101:20170818103229j:plain

f:id:acts_1101:20170818110318j:plain

そして、絵葉書のようなベストショットも撮れました。言葉が・・・でない。「綺麗!」としか形容できない自分がちょっと悲しい。

f:id:acts_1101:20170818110616j:plain

もちろん、ウルルも良かった。でも、このブルーマウンテンズは最高でした。でも、本当に寒かった。

 

ディナークルーズ

柄にもなく、ディナークルーズです。船はSydney2000という豪華客船。3階建てで、4Fは展望デッキ。この船に何人乗れるかは判らないけど、日本人だけで60人も予約があったと入り口で言われました。確かに、このディナークルーズだけは日本から予約できた。故に、周りは日本人だらけ・・・でも、ちょっとホッとする。

f:id:acts_1101:20170817182451j:plain

前菜はキヌアのサラダ。やっと野菜らしい野菜を食べた。写真・・・ブレていました。気が付いていたらもう1枚撮ったのに!

f:id:acts_1101:20170817185954j:plain

メインはタスマニア・サーモンのグリル。これは美味しかった。オーストラリアに来てから、やっとホッとするような食事に出会えた。美味しい!

f:id:acts_1101:20170817191923j:plain

デザートはココナッツムースケーキ。これも、良かった。でも、明日、オプショナル・ツアーでブルーマウンテンズを申し込んだら、出発が朝の6時50分でした。ホテルのバイキングは6時半からなので、食べられることは食べられるけど、明日も朝は5時半起き。早く帰りたいです。

f:id:acts_1101:20170817200234j:plain

船から2枚。シドニーの夜景は港から見上げると綺麗に見えるように設計されているとのこと。確かに綺麗でした。でも、夜景を写真にするのは難しすぎる。三脚もないし、船上は揺れるし・・・

f:id:acts_1101:20170817204256j:plain

f:id:acts_1101:20170817204214j:plain

シドニー

午前中はシドニーの街を散策。まずは、サーキュラー・キーへ。対岸の建物が噂のオペラハウス。

f:id:acts_1101:20170817080641j:plain

町中のアーケードも面白です。

f:id:acts_1101:20170817091928j:plain

通りのカフェでラテを注文。待っている札は、何と自転車?のチェーンでできていた。面白い!一応、ラテアートもありました。

f:id:acts_1101:20170817084136j:plain

f:id:acts_1101:20170817084812j:plain

タウン・ホールの方へも。シドニーはあまり大きな街ではないので、半日あればぐるっと徒歩で廻れることを確認した感じ。

f:id:acts_1101:20170817095648j:plain

昼食は、イタリアン。頼んだのはペンネのアラビアータ。まだ、オーストラリアっぽい食事はしていない?

午後から、シドニー観光ツアーに参加。まずは、ハーバーブリッジです。これに昇るツアーがあるなんて、信じられないけど、確かにてっぺんの旗の下に人が立っている。ツアーに参加してあそこから見るシドニーの街は最高らしいけど、絶対に行かない。

f:id:acts_1101:20170817131840j:plain

近代建築として有名で、世界遺産でもあるオペラハウス。確かにオシャレでした。建築家ヨーン・ウッツンが設計。コンペの段階では構想だけで満場一致でウッツンに決まったそうですが、あくまで構想で、構造などエンジニアリングの視点は何も入っていなかったし、エンジニアに相談もしていなかったらしい。このため15年の歳月をかけて作り、確か予算の14倍もの費用が掛かったらしい。そういうのあり?と思ったのだけど、それでも世界遺産になれば正義なのかな。確かに美しい建築物でした。

f:id:acts_1101:20170817141348j:plain

オペラハウスの中のウッツンルーム。あとは写真不可でした。オペラハウスに入るだけのツアーがあるというのもビックリ。

f:id:acts_1101:20170817134338j:plain

そして、これも世界遺産。ハイドパーク・バラックス。オーストラリア囚人遺跡群の一つということみたいです。素敵な建物だけど、ここでの生活は悲惨な感じでした。

f:id:acts_1101:20170817142626j:plain

ツアーの最後はセントメアリー大聖堂。午前中も一回来たのだけど、改めて。オーストラリアのカトリックの総本山のような位置づけらしいですが、ステンドグラスと長いバージンロードが有名らしいけど、ここでトム・クルーズニコール・キッドマンが結婚式を挙げたというのは後で知りました。

f:id:acts_1101:20170817144457j:plain

ツアーは以上で終了。3時間ツアーってあっという間。まあ、オペラハウスに入れただけでも良かったかな。