本能寺ホテル

正直言うと、そんなに期待していたわけではないのですが、半分時間つぶしに行ってきました。綾瀬はるかさんの天然キャラは全然好きではなくて、映画でもイラっとしながらみていたのだけど、それがこの映画では活きている。信長も絶対こういう人ではなかったのではないかと思うけど、こういう脚色があっても悪くない。森蘭丸は絶対濱田岳さんじゃないでしょ、と思うけどこれも妙に合っている。結果から言うと、結構面白い映画だったなと思うし、信長のスケールの大きさから影響を受けて、やりたい自分を見つけるという、何だかどこにでもあって、陳腐な感じの展開も全然嫌ではなかったです。この映画、個人的にはかなり良かったです。

f:id:acts_1101:20170115202929j:plain