親父さんのその後

入院二日目。今日は奥さんが会社を休んでいたこともあり、病院に行ってもらいました。事務的なことを細々頼んで・・・それは良かったのだけど、結局親父さんとは話ができなかったらしい。着いた時には点滴の最中で、なぜか看護士さんが付きっ切り。これが終わるまで面会は遠慮してほしいといわれたので、先に事務手続きとかを済ませて戻ってきたら、すでに親父さんは寝ていたらしい。抗生物質のおかげか、熱は36℃代まで下がったものの、悪寒は消えないらしい。食事もまともに取れていないんだろうな。これで体力がぐっと落ちてしまうと、年寄なだけに回復が遅れるだけでなく、完全な病人になってしまう可能性ありです。改めて、先週の土曜日に寿司屋に連れて行ったのを後悔です。時間があるときに少し見舞いにいくかな。