りおパパの日記

徒然なるままに。ドトールのコーヒーが好きです。

ホテルローヤル

桜木紫乃さんの「ホテルローヤル」を読みました。今年の直木賞受賞作です。直木賞という賞そのものには興味はいのですが、新聞の広告を見て読んでみたくなりました。「人を描くということ」という言葉にちょっとだけ興味を持ちました。
少し辛い話もありましたが、生きていくということはこういうことなのだと思います。こういう現実があって、7つの短編集ですが、個人的には「星を見ていた」が良かったかな。働かない夫を持つホテルの清掃婦。3人の子供は盆も暮れも帰ってこない。厳しい生活だけどコツコツと働く。そんな時、二男が殺人犯として逮捕される。それでも、まじめに働く。まじめに働いてさえいれば、周囲の人の優しさを感じることができる。本当はつらい話なんだけど、なんかよかった。

ホテルローヤル

ホテルローヤル

[DATA]
今月の読書 6冊
1月からの読書 39冊