りおパパの日記

徒然なるままに。ドトールのコーヒーが好きです。

Amazonプライム/Netflix

ホテル ムンバイ

本当に凄い映画に出会ってしまいました。テロリストによる容赦のない殺戮。こんなシーンに遭遇してしまった時、「テロには屈しない」とかそういいう言葉は無力なんだなって感じてしまいました。早く特殊部隊に来てほしい。早く軍隊が鎮圧してほしい・・・残…

さよなら くちびる

とりあえず、小松菜奈さん作品なので鑑賞。菜奈さんも門脇麦さんも意外に歌が上手くて、ハルレオでCD出したらそこそこ売れてしまうのではないかと思ってしまいました。そもそもハルレオってなんで解散するんだろう。とにかく不思議な三角関係があるみたいだ…

RED

原作を読んでいたのだけど、ラストってこんな感じだったかな?それにしても何とも時代錯誤な夫だなと思ってしまいました。別に塔子に肩入れする気もないのだけど、こういう家庭から逃げ出したい気持ちは判るかな。でも、逃げつく先が鞍田なのかなっていうの…

グリーンブック

2019年のアカデミー賞作品。ずっと見たいと思っていた作品をやっとAmazon Primeで鑑賞。折しも今日は東京オリンピックのゴルフの決勝ラウンド。会場の霞が関カンツリー俱楽部は東京オリンピックまで女性が入れなかったクラブで有名。50年以上も前の話だと思…

閉鎖病棟

以前原作読んだのだけど、もう少しトーンが違ったような。そして、少しあり得ない展開だったかな。病院内で起こってはいけないことがいくつか。そして、閉鎖病棟って、確かにこんな感じだ思うけど、ここにいるだけで逆に心を病みそう。心を病んだ人たちが、…

ひとよ

あの事件の夜から15年。約束通り母親が返ってきた。「そうなる前に、もっとできることがあったでしょう」というのは本当に追い詰められたことがない人のセリフだと思っていて、追い詰められた人には思考の選択肢も限られている。ただ、戻る前にはもう少しで…

孤狼の血

Level2が公開になる前にと思って鑑賞。本当に昭和感満載の男臭い任侠映画ですね。見るに堪えないエグイシーンもありましたが、それも含めて良かったような気がします。実際に昭和の終わりに有った山口組と一和会の抗争は記憶に有るけど、実際どんなもんだっ…

図書館戦争 The Last Mission

先週に引き続いて、図書館戦争The Last Missionを見ました。やっぱり、この作品は有川浩さんの自衛隊愛と国民の無関心というのが大きな柱なんだなというのを改めて確認しました。国民は無関心だけど、命を懸けて守るべきものっていうのがあって、それを失う…

図書館戦争

有川浩さんの原作、野木亜希子さんの脚本なので面白くない訳ないと思いAmazon Primeで鑑賞。ただ、正直原作を読んでおくべきでした。言論統制、表現の自由を守るために戦うっていうのはコンセプトとして判りやすい。有川浩さんの自衛隊愛も感じられる。図書…

レイクサイド マーダーケース

東野圭吾さんの原作ということでAmazonプライムで選択。原作を読んでいないから理解できていない部分があるのかもしれないけど、結局犯人は誰?殺すほどの動機があったの?というのが正直な感想。それに、仮に子供が殺人を犯したとして、本当に3組の親たちが…

るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期

先々週、最初の作品を見て、今日は京都大火編とその続きの伝説の最期の2本を立て続けに見る。やっぱりアクションは本格派。キレッキレで見ていて気持ちがいい。最近神木隆之介さん好きなんだけど、こういう感情を失ってしまったスペックの一みたいな役は流石…

るろうに剣心

話題の映画の第1作。9日にNetflixで見ていたのだけど、残り30分のところで落ちてしまった。どうも、アクセス過多でダウンしたらしい。というわけで、今日仕事を終えたところで再開。 アクション映画としてみれば、確かにど迫力。時代劇だと思っていたら、幕…

コード・ブルー

連休の最終日。これまでのどんな連休よりもワクワク感がなく、それでも休みが明けるのが憂鬱な最終日。午前中に奥さんのiPhoneの機種変更をして、午後はのんびりと家で過ごす。NETFLIXでコードブルーのタイトルを見たら、無性に見たくなった。2018年にロード…

朝が来る

この映画って、色々な見方があるのだろうなと思うけど、14歳で妊娠してしまった彼女の転落人生を「怖いな」と思ってみてしまいました。子供が授からない夫婦、それもある程度経済的に恵まれた夫婦が養子縁組という形で逆に育てることができない親から生まれ…

アンフェア the Answer

2011年の作品。多分、映画館で見たはずだけど、割とすっかり忘れていた。このシリーズ、「あれ?」って思うところが無いわけではないけど、やっぱり面白い。意外に悪人ばっかり。だからアンフェア。舞台は雪の北海道だったり東京だったりするのだけど、やっ…

危険な情事

1987年の作品。当時、滅茶苦茶話題になって、不倫というか、一晩のアバンチュールがいかに高くつくか、世の中の男性を震撼させた作品。改めて見ても、危険な女の怖さは今でも十分通用するような気がする。ストーリーはとてもシンプル。パーティーで会って、…

悪人/怒り

吉田修一さん原作、李相日監督の作品を2つ続けて鑑賞。 まずは、「悪人」。2010年の作品だから、もう10年以上も前の作品なんですね。原作がとても優れた作品だと思っていて、それを映像化したこの作品も予想通り忘れられない作品の一つとなった。10年振りに…

ペリカン文書

テレビのロードショウを録画していたのを思い出して本日鑑賞。間違いなく面白い作品。デンゼル・ワシントンはカッコいいし、ジュリア・ロバーツも美しい。良くできたストーリーだし、いかにもありそうなのだけど、法学部の学生が解いた謎が他の人たちに解け…

アバウト・タイム

王様のブランチで絶賛されていた作品。やっと見られた。ほんの少し時間を遡って、大事な何かを変えたつもりでも、人生の大きな流れは変えられない・・・ということかな。何でもない日常生活にこそ幸せがあって、なかなかそのことに気が付かないのだけど、2度…

Fukushima 50

これ、何と言っても実話だから凄い。東日本大震災が起こってた時、毎日テレビに釘付けになっていたけど、実際はこんなことになっていたなんて、想像をはるかに超えた現実がありました。原発を制御する。日本を守る。自分たちの国土を守る。こういう時に、ま…

ゆれる

久しぶりに「ゆれる」を見ました。以前見たときは、西川監督作品であることを意識していなかったけど、今回はしっかり。そして、タイトルの通り「ゆれる」。最後まで事件の真相は判らなかったりするけど、やっぱり物理的には事故、精神的には殺人だったので…

SP 野望編/革命編

野望編・革命編と連続鑑賞。ドラマを見ていなかったので、野望編はちょっと判らないところがあったのだけど、革命編で国会議事堂を占拠して、白黒がはっきりしてきた当たりで、やっと全体の筋書きが見えてきた。国会議員の汚職を暴くのが大儀なのか、私怨を…

蛇イチゴ

西川美和監督のデビュー作。最近マイブームなのでこれも見てみました。それにしても、一作目からかなりヘビーな作品。堕ちていくときは本当に堕ちていくんだなっていう感じ。認知症のじいさんのうめき声を聞こうとしなかった母親。まあ、気持ちは判るけど普…

夢売るふたり

立て続けに西川美和監督作品。静かなマイブームです。本日は2012年の作品。「夢売るふたり」。「夢見る」ではなく「夢売る」であるところがポイント。 夫婦で切り盛りしていたお店を火事で焼失してしまうところから物語が始まる。どん底に落ちたところで、夫…

ディア・ドクター

西川美和監督作品をAmazon プライムで。僻地の医療をどんな目線で取り上げるのか。NHKのドキュメンタリーのようなものを勝手に想像していたのだけど、それは少しずれていた。こうした地域は当たり前だけど高齢者比率が高い。持病を持っている人も多い。ただ…

永い言い訳

西川美和監督の作品が気になってしまったので、改めて。劇場で見た時は幸夫って結構めんどくさいなと思いつつ、竹田ピストル演じる陽一みたいなのも苦手だなって思って見ていたような気がする。結局幸夫は奥さんがいないと何にもできないくせに、そして、奥…

ファブル

いつか見たいと思っていたのをAmazon Primeで。やっぱり岡田准一さんのアクションは本物。こんなことができてしまうんだというのが、まず驚き。その身体能力たるや、まるで2次元の世界のようだ。あと、映画の世界だからというのはあるけれど、人間の命が安い…

清須会議

NHK大河ドラマの「麒麟が来る」の本能寺の変を見てから、どうしてもこの映画が観たくなった。歴史上秀吉が三法師を担いで、事実上の信長の後継者になって行ったのは何となく知っていたけど、清須会議の中身は事実かどうかは別としてこの映画で知った。確かに…

レナードの朝/幸せのちから

1991年の作品。ロードショウで見た記憶があります。NETFLIXでは英文タイトルのまま「AWAKINGS」でしたが、日本では「レナードの朝」でした。ロバート・デニーロとロビン・ウイリアムスが共演している訳だけど、実話をベースにした作品です。この映画をロード…

英国王のスピーチ

全然違うのだけど、新型コロナウィルスにどう立ち向かうのかというスピーチをしているボリス・ジョンソン首相の事を思い出した。やっぱり、リーダーの力強い演説こそ民意を方向付ける力になりうる。どこかの首相が自信なさげに原稿を読む姿と比較して、欧米…