陸王

 池井戸潤さんの「陸王」を読みました。何となく結果は判っているのだけど、ちょっとだけひねりがあって、ハラハラして、とにかく最後まで楽しく読むことができました。いや、本当に成功するか確証がない中で、仕事を頑張り続けるっていうのは精神的にかなりキツイものがあるのは事実だと思うけど、大変な思いをすればするほど、達成した時の喜びも大きいし、一緒に成し遂げたメンバーとの信頼関係も深くなる。月並みだけど、判るような気がします。利益のためだけでなく、誰かのために頑張る。とても良いです。なかなかの長編で、一気にという訳ではなかったですが、最後まで楽しく読むことができました。

陸王

陸王

 

[DATA]

今月の読書 1冊

1月からの読書 47冊