SNS

今日、宿題で読んでいたWSJの記事は、”United, Pepsi Outcry unlikely to Hurt Financial Result"という記事。4月15日の記事だ。SNSで炎上することはあっても、企業業績には影響せず・・・ということみたい。Unitedの飛行機から強引に降ろされる男性の映像を見たとき、これでUnitedも終わりじゃないかと思っていたけど・・・今のところ企業業績には影響していないということみたいだ。短期的には・・・なのかもしれないし、やっぱり投稿の裏を考えてしまったりというのもあるのかもしれない。アラブの春の時はSNSが政治を動かしたような気もしたけど、そんなに単純ではないらしい。ネットに情報があふれればあふれるほど、信頼できる情報、信頼できる人の発信を見たくなる。そういうことかもしれない。

実は5月26日の記事では”Does Facebook Make Us Unhappy and Unhealthy?”というのもある。the American Journal of Epidemiologyの記事によると、「フェイスブックを使えば使うほど健康度が下がり、人生に対する満足感が低くなる」というものらしい。あくまで実証研究で、何故?という部分には触れてなかったように思う。ただ、フェイスブックをやっていると、何か"良いこと"を報告しなければというような脅迫感のようなものを感じるときもあるし、最近は気にしないけど友達の反応が気になったりもする。その辺なのかな。ちょっとSNSとの付き合い方は考えないといけないかな。