英語特訓講習

英語特訓講習。先月29日の体験を経て、本日は初日。朝10時から、夕方6時までびっちりのカリキュラム。今回の講習は、Wall Street Journalの記事を徹底的に読むという内容。英文解釈の誤訳のポイントは、カンマの使い方、前置詞、接続詞、関係詞、それから不定詞、動名詞、分詞の扱いをきちんと理解するところにあるらしい。例えば、前置詞+名詞や分詞、関係詞で説明される節は例外を除いて形容詞節、副詞節にしかなれない原則があるので、SVOCの構文解釈上は、補語であるCか、修飾語となり文章の骨組みにならないとか、逆に不定詞などは名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法があって、主語(S)にも目的語(O)にも、補語(C)にもなりうるので、その部分はきちんと前後のコンテクストも見極めながら考えなければいけない・・・などなどの基本ルールの説明を受けた後は、実際にWall Street Journalの記事を使って、こうしたNewsによくある構文の分析を行う。ひとつ一つのセンテンスを徹底的に読み込み、文法的な解釈をしていくという講習。Wall Street Journalの記事といっても、Leadの部分だけなのだけど、英文法的にひとつひとつ構文分析を行って読んでいくと7時間で20個ちょっとしか読むことができなかった。最初のうちは解説が丁寧で時間が掛かったというのもありますが、とにかく大変でした。1時間ごとに5分の休憩があるのだけど、席から立ちあがるのも面倒な感じ。教室にはコーヒーとチョコレートが常備されていて、自然とチョコレートに手が伸びてしまうという感じでした。先生も言っていたけど、構文解析はパズルみたいなもので、滅茶苦茶頭を使うので、集中すると妙にチョコレートが食べたくなるらしい。それで常備したら大盛況だったということみたいだ。7時間みっちりやって、充実感満載。ただ、宿題が82問も出た。明日1日時間はあるけど、どんだけ時間がかかるのやら・・・