禅、シンプル生活のすすめ

 枡野俊明さんの「禅、シンプル生活のすすめ」を読みました。今回響いた言葉は、「今の状況を変えたいなら、何かを『得る』よりもまず『手放す』ことが先。禅的生活の基本は、ここにあります。執着を捨てる。思い込みを捨てる。持ち物を減らす。シンプルに生きるとは、心や体の荷物を捨てることでもあります。物事の流れをよくし、軽やかに生きたいのであれば、まずは手放すことから始めてください。手放した瞬間、新たに入ってくるのは『豊かさ』です。」です。確かに喜捨という言葉に触れて、物を捨ててみたら気持ちがすっきりしました。執着がひとつひとつ無くなって行くような気がします。あと、簡素と質素の違い。「簡素というのは、無駄なものを削ぎ落としていくことです。本当に必要なものを見極め、それを大切にしていくことです。それは質素とはまた違うものです。質素というのは、価値の低い物で生活すること。価値といっても、それは値段だけでなく、その物に対する思いの深さも含まれます。」らしいです。また、「『物がある』ことが豊かなのではなく、『物を大切に使う方法を知る』ことが豊かなのです。」というのも良かった。勉強になります。

禅、シンプル生活のすすめ (知的生きかた文庫)

禅、シンプル生活のすすめ (知的生きかた文庫)

 

[DATA]

今月の読書 5冊

1月からの読書 35冊