読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学入試で読み解く 「超」世界史・日本史

日記 読書

 片山杜秀さんの「大学入試で読み解く 『超』世界史・日本史」を読みました。正直、大学入試の歴史の問題を見たことはあまりなかったのだけど、こんなにレベルが高いのかと非常に驚きました。とともに、その解説を読んで歴史の見方がまた一つ変わってきたような気がします。特に近代の歴史は好きで、それなりに勉強してきたつもりだけど、巨視的な視点で見るとこういう解釈をしているのかというのが非常に興味深く感じました。この大学入試問題をベースに本を書くという試みはとても素敵で、出題者の意図を考えながら、こういうことを述べるべきなんだろうというところが、歴史をどういう視点で見るのかというところにつながって歴史を学ぶということの理解が深まる印象を持ちました。少し嵌りそうです。

 [DATA]

今月の読書 4冊