奇跡?!

午前中はテニス。ぽかぽか陽気で、着ていった服を随分脱いで、最後は長袖のTシャツ1枚で十分でした。12月としてはびっくりするくらい暖かい一日。

午後、リハビリ病院に転院したお義母さんの見舞いに行ってきました。ビックリです。目がしっかり開いている。それと、話(挨拶)しようとしている意思が伝わってくる。まだ、言葉にはなりませんが明らかに声を発しようとしている。そてと、ゼリーを何口か。リハビリの先生の声に合わせて飲み込む姿も確認。信じられないです。たった5日でこんなに回復するなんて。最後は半ば強引にだけど車椅子に。いろいろなクッションの支えは必要ですが、座った。まだ、30分が限界といわれましたが、座った。奇跡です。急性期病院では間違いなく寝たきりで、意思があるのかないのかもわからなかったけど、リハビリ病院では明らかに意思が感じられるようになった。リハビリは凄いです。そしてリハビリの先生に感謝です。この病院は、スタッフの数が多くて行き届いている感じがする。それに、脳疾患の患者さん(多くは老人)なのに明るい。こういう病院に入れたことがラッキーだった。正に奇跡を見たような感じです。