読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォーラム

午後からは、年に1度の会社のフォーラム。今日は人工知能である意味"時の人"でもある、東京大学松尾先生の講演と松尾先生を囲んでの鼎談。確かに、面白かった。先生は「認識」「運動の習熟」「言葉の意味理解」の3つの段階を話していたが、最近の進歩はとにかく「認識」。カンブリア紀に種が多様化した背景には「眼の誕生」ということがあったらしいが、AIにより認識技術が上がったことはまさにこれに相当するらしく、「カンブリア爆発」という言葉でその凄さを説明していた。見るということは、単に画像を映すということではなく、脳に伝えるということ。とにかくコンピュータが眼を持つことで、いろいろな可能性が広がったということでした。あと、Google翻訳。最近Deep Learningを採用して格段と精度があがったとのこと。吉報です。