ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

 シリーズ5冊目、ZERO読了。なるほど、6冊目がONEなので、ここはつながっているのですね。はい、猟奇殺人っぽい事件とちょっと異常性向な犯罪者。サイコサスペンスな傾向がとても良いです。出番は少ないですけど、プロファイラーの分析が面白いですね。しかし・・・グロい。そういう小説を読んでいるのだからそれはお約束のことですが、よく考えるなと思います。それと、これはなかなかテレビで映像化でいないですね。テレビシリーズにも有ったけど、さすがに少しアレンジされているような気がします。ラストのところで比奈子さんが危機に直面するわけですが、次巻ONEが楽しみです。

ZERO  猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)

ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)

 

 [DATA]

今月の読書 4冊

1月からの読書 85冊