バースデーカード

バースデーカード、見てきました。宮﨑あおいさんの作品ですから、必ず見ます。

娘が10歳の時に病気で亡くなった母は、20歳の誕生日まで誕生日に手紙を送った。その年齢になった娘を想像しながら、多少冒険的なことなどを提案したりもする。割と・・・ありがちなお話だなと思ったのだけど、20歳の誕生日でこの話は終わらない。ネタバレになるので、あえて書かないけど、まあそいうのも有かなという展開がこの後も続く。でも、やっぱり宮﨑あおいが凄いんです。独特の間と独特の雰囲気を持って、宮﨑あおいにしかできない母親を演じている。何なんだろう、この凄さは。どこまでも優等生なところがあって、強さがあって、優しさがある。それでも、泣くときは泣くんですね。まあとにかく、この作品は橋本愛が主人公なのだけど、宮﨑あおいの作品になっているような気がする。まあ、ちょっとほっくりして、涙がほろっとする映画でした。

f:id:acts_1101:20161023211201j:plain