読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書

CISAの時もそうだったけど、久しぶりにゆっくり読書する時間がとれるのは至福です。電車の中で参考書や問題集ではなくて、普通の本を開く、それが本当にうれしい。久しぶりのKindleの感触がたまらないです。試験準備期間中、読みたい本をAmazonの「ほしいものリスト」に放り込んでおいて、その数11冊。その中から「『学力』の経済学」と「いま世界の哲学者が考えていること」の2冊をダウンロードした。この2冊を読んだらいよいよ「藤堂比奈子シリーズ」に着手したいと思っています。「ストロベリーナイト」に出会った時のような感触。猟奇犯罪をテーマにした小説はビリーミリガンの昔から大好き。この一番我慢していた小説が読めるのがまたうれしい。しばらくはまってしまいそうです。ただ、帰りの電車で隣のおじさんが宅建不動産鑑定士のテキストを開いていて・・・何だかそれはそれで羨ましかった。趣味の世界に没頭していると、なぜか目標に向かって頑張っている人が羨ましくなる。頑張っているときは大変なだけなんだけどね。次のターゲットは「システム監査技術者」かな。少しお休みをして、充電ができたらまた頑張りたいと思います。