なれる! SE11 絶対? 管理職宣言

 いよいよ普通のラノベになってきちゃったかな。今回は買収した会社のにわか管理職として、その会社の経営改善を図るというもの。軽快なタッチは相変わらずで、可愛い女の子が出て来て、一様に熱血新入社員主人公に好意を持つスタイルは踏襲。割り切って読めば、まあそういうものかなということで面白いのだけど、このラノベを読み始めたきっかけは、SEの世界というかSIerの世界のありのままの姿が、多少の誇張はあってもリアルに描かれているところだった訳で、そういう意味では最初のモチベーションと違うところに来てしまいましたというのが正直な感想。まあ、そんなにネタもないかなとは思います。

梅雨明けをしてから、確かに夏らしい晴天の日は多いのだけど、ゲリラ豪雨というのか、あっという間に大量の雨が降るということがあって、通勤の際もなるべく歩かないで電車とか、昼休みも外出しないでお弁当というのが増えてしまったような気がします。それと・・・エアコンはつけっぱなしなのだけど、なぜか寝苦しくて夜中に何度も目が覚めてしまいます。おかげで、どことなく体調が悪い。頭が痛いような背中が痛いような。朝食は気持ち悪くて食べられないけど、夕方になるとやたらお腹が空いたり、ご飯を食べると妙にもたれたり。夏バテというのではないけど、どこかシャキッとしないです。

来週から夏休みなのだけど・・・「夏休みも会社に来て開発をしたい」といっている人がいるらしい。責任者である私としては、夏休みを返上してまで開発をすることはないと思っていて(実際、スケジュールはオンスケと報告されていて、休出する理由がない)、当然のごとく「承認する意思はない」と回答するとマジ切れされてしまいました。全く折れるつもりはありませんが、夏休みまで1週間、毎日この話が出るのかと思うと憂鬱です。

 [DATA]

今月の読書 3冊

1月からの読書 62冊