なれる! SE 2週間でわかる? SE入門

夏海公司さんのラノベなれる!SE 2週間でわかる? SE入門」を読みました。SE業界を知るには良い小説ということで紹介されていたブログを読んで買ってみましたが、確かに面白かったです。いかにもラノベ。コミックみたいな感じでしたが、出てくる先輩のキャラが違うだけで、まさにSEの世界はこんな感じ。非常にうまく表現されていると思いました。このシリーズ、Kindleでみるとかなりあるようなので、しばらくはまってみたいと思います。 

・『無茶な納期も経験のない業務を振られるのも、この業界じゃ日常茶飯事。そういうものが出た時に、やれ終電だ、やれ教育を受けてないって言い訳する人間を、仕事仲間と認められないって言ってるのよ。一事が万事。今日逃げた人間は明日も逃げると思われる。そんなことも分からないの?』
・何かを理解しようとする時はとにかく実際に書いてみる。書いて頭の中身を整理する。ただ漫然と読んでいても絶対に理解できない。受験勉強の鉄則だ。
・IPアドレスは一つの数字の並びで、ネットワーク部とホスト部、二つの概念を表現している。住所のたとえを続けるならネットワーク部はマンションの棟番号、ホスト部は部屋番号みたいなものだ。3棟の415号室、みたいな。
・IPアドレスにはプライベートとグローバルの二種類あるのか。
・「あの手のお客さんって自分の意見が通るまでずっと同じことを言い続けるじゃないですか。だから一旦分かりましたと答えて、ガス抜きしてあげるんです。そうするとこっちの話を聞く余裕も出てくるんで」
・「どんな状況だろうとベストを尽くす。それが私達技術屋の役割よ。クライアントがどんな人間でも扱うプロトコルやパケットは変わらない。いつもと同じことをするだけ」

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)

なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)

 

 [DATA]

今月の読書 6冊

1月からの読書 52冊