ガイアの夜明け ”復職ママは戦力になるのか"

ガイアの夜明けの「復職ママは戦力になるのか」を興味深く見ました。会社はワークスタイル改革真っ盛り。でも、何か違和感を感じる。施策が全く空回りというか、全く説得力を持たない。なぜそうしなければいけないのか、そんなことに素直に疑問を持っていただけに、この特集は少しだけ興味を持ちました。ママさんたちのインターンシップ。時短勤務ではあるけれど、働き方はとても普通。ただ、成果はママさんならではのものという印象を持ちました。もちろん長時間労働が良いとは思いません。でも、オフィスで働くことを否定してはいけないような気がします。働くためのインフラを整えて、みんなが集まって仕事をすることにはそれなりの意味があるように感じています。身近にロールモデルがいることや自分を直接サポートしてくれる人がいることは、ある意味刺激だし。モラールの点でも大きい気がする。クオリティについても一定の目線が共有される。そういうメリットもあるのではないかと。テレワークとか、外形をいくら整えてもどこに魂があるのかなと、そんな風に思ってしまいました。それと、ママさんたちが活き活きと働く姿は美しかったな。まあ、テレビ的な演出はあると思うのだけど、まだまだ活用の仕方はあるのだろうなと改めて思いました。