余と万年筆

 また、書評を読んで、どうしても読んでみたくなりました。
いかにも夏目漱石らしい・・・のかな。
漱石が最初に買った万年筆が「ペリカン」だったのは、ペリカンファンの私としてはうれしいが、結局使えずじまいだった様子。万年筆は確かに書き味がいろいろあって、それを楽しむことも大事なのだけど(筆記具なので当然)、やはり愛玩具として持ってステータスを感じることも大事。ただ、時に紙を汚したり、手を汚したり、扱いが少し不便なところもしかり。道具なのでメンテナンスも必要。ある意味、趣味・道楽の領域なのかもしれません。

余と万年筆

余と万年筆

 

 [DATA]

今月の読書 8冊

1月からの読書 46冊