疲れた

何だかすごく疲れました。今週は全然仕事をしていないような気がします。

今日は派遣法改正に伴う事務職採用の面接がありました。正直、自分には正社員になってほしい派遣社員がいたのだけど、ご家庭の事情で見送り。ただ、今日面接した女性も、ご家庭の事情で2度退職を経験していました。いずれも海外赴任。そして、彼女もこうやって女性が一度職場を離れてしまうと、自分のキャリアを続けるのがいかに困難であるかという話を切々と訴えていました。もし、正社員としてキャリアを続けられたら、おそらく2度目の赴任には同行しなかったであろうという話もしていました。研究員としての採用ではないので、合否の判定というか基準が難しいのだけど、事務職ということで、専門性、スペシャリティよりもコミュニケーション能力だったり、マナーだったり、ベーシックな理解力だったりそういうものを重視すべしというのが人事の方針。見送った彼女のことを考えながら、確かに彼女なら、突然この仕事に持ってきても使える汎用性はあるな・・・とか、そんなどうでも良いことを考えてしまいました。

夜、こちらは子会社の中途採用面接。やたら愛想のよい、はきはきしたおじさんでした。専門知識は少し違うかな。この愛想の良さを「いい人」と感じるか、「何となく嫌だ」と感じるかは人それぞれ。でも、面接した3人の印象は不思議と一致しました。働くということは、やはり人と人との触れ合いなので、相性って大事ですね。そこは履歴書では判らないことなのかもしれないし、第一印象で感じたものはなかなか変わらないのかもしれません。

今日はやたらと会議が多く、来週の経営会議報告資料をタラタラと半日もかけてつくっていたのだけど、面接が終わって見直してみたら、全然判りにくい資料であることに気が付きました。修正ではなく、明日ゼロクリアしてやり直そうと思います。全く自分が冴えなくて残念。