りおパパの日記

徒然なるままに。ドトールのコーヒーが好きです。

読書

祈りの幕が下りる時

東野圭吾さんの「祈りの幕が下りる時」を読みました。帯には加賀恭一郎シリーズ完結と書いてあって、個人的には「新参者」から読み始めた大好きなこのシリーズが終わってしまうことに寂しさも感じましたが、その分楽しみでもありました。 読み終わった感想は…

消費税は下げられる

森永卓郎さんの「消費税は下げられる!借金1000兆円の大嘘を暴く」を読みました。森永さんというと、どうもバラエティに出てくる経済学者というイメージだったのだけど、「ザ・ボイス そこまで言うか」で評論家の宮崎哲弥さんがこの本を絶賛していたので、買…

仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?

安達裕哉さんの「仕事でひつような『本当のコミュニケーション能力』はどう身につければいいのか?」を読みました。しばらくは勉強のために読書はお預けのつもりでしたが、安達さんの本がKindleで手に入ることが判ったので、さっそくポチ。一気に読んでしま…

越境者 松田優作

松田美智子さんの「越境者 松田優作」を読みました。立花隆さんの本を読んで、この本ともう1冊、戸塚洋二さんの「がんと闘った科学者の記録」はどうしても読みたくなりました。 さて、この本、俳優松田優作の生き様を元妻が語る。一言で言えばそうなのだけど…

がん 生と死の謎に挑む

立花隆さんとNHKスペシャル取材班の「がん 生と死の謎に挑む」を読みました。全体は2部構成。前半はNHKスペシャルの番組を書いたもの。「がん」という病気がどういうもので、どのように生成し、どう付き合っていくのかということなのだけど、思っていた以上…

ヒューマン

NHKスペシャル取材班の「ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか」を読みました。今年は凄い本に当たり年かな。とても考えさせられる本でした。少なくとも「日本人は農耕民族なので和を以て貴しとなす」という考え方はおかしいというか、狩猟社会でこそ「分…

キラーストレス

NHKスペシャルで放映された「キラーストレス」を読みました。科学が発達するということは、こういうストレスと体、とりわけ脳への影響が判るという意味で凄いことだなと思いました。やっぱり根性だけでどうなるものでもないということが良くわかりました。と…

インデックス

久しぶりの姫川玲子シリーズ作品。ただ、これ、短編集だったのですね。やはり長編の方が読みごたえがあります。特にこうした推理ものは、色々な伏線があって、最後につながるようなところは短編ではなかなか望めません。でも、最後のネグレクトの話しは、ス…

サピエンス全史(上)

Amazonのレコメンドでずっと出てきた「サピエンス全史」、その上巻を読みました。読み始めたのは1か月くらい前だったのだけど、何となく躓いていて久しぶりに続きを読んだ感じです。サブタイトルが「文明の構造と人類の幸福」というものなのだけど、上巻の最…

危機にこそぼくらは甦る 新書版 ぼくらの真実

青山繁晴さんの「危機にこそぼくらは甦る 新書版 ぼくらの真実」を読みました。「ぼくらの真実」を新書版にしたわけですが、170ページも新たな書下ろし部分があり、これが参議院議員青山繁晴の活動記録でもあって、なかなか読みごたえがありましたし。相変わ…

新・独学術

侍留啓介さんの「新・独学術」を読みました。帯に大きな佐藤優さんの写真があって、「独学術」の名前だったので、てっきり佐藤さんの作品かと思いきや、侍留さんのものでした。大学受験の参考書・問題集で基礎を固めるという考え方は、佐藤さんの主張とも一…

ダークサイド・スキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技

木村尚敬さんの「ダークサイドスキル 本当に戦えるリーダーになる7つの裏技」を読みました。7つの裏技とは、1) 思うように上司を操れ、2)KYな奴を優先しろ、3)「使える奴」を手なずけろ、4)堂々と嫌われろ、5)煩悩に溺れず、欲に溺れろ、6) 踏み絵から逃げる…

失敗の法則

久しぶりに池田信夫さんの本を読みました。「失敗の法則 日本人はなぜ同じ間違いを繰り返すのか」です。面白かったです。日本陸軍の話から原発や東芝、豊洲問題までいろいろな日本の失敗というか意思決定の仕組みを考察して、日本人に共通するというか日本人…

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学

ハルバーソン博士の「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」を読みました。9つの習慣とは以下の9つです。 1.明確な目標を持っている2.if-thenプランの形で「いついつになったらやる」と計画している3.現状と目標までの距離に目を向けて「目標…

孫正義 300年王国の野望

杉本貴司さんの「孫正義 300年王国の野望」を読みました。面白かったです。昔、本田宗一郎さんに惚れ込んで、本田宗一郎さんについての本ばかりを読んでいたころを思い出しました。それにしても、孫さんは凄い。多少は脚色もあるのかもしれないけど、現代の…

「仕事ができるやつ」になる最短の道

安達裕哉さんの「『仕事ができるやつ』になる最短の道」を読みました。安達さんのブログは結構見ていて、そういう意味ではいつか読んだことがあるものもいくつかあったのだけど、とても参考になりました。細かいTipsではなく、なるほど、確かにそういうこと…

LIFE SHIFT

リンダ・グラットンさん、アンドリュー・スコットさんの「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」を読みました。何となく感じていたことだけど、これから先進国では100歳まで当たり前のように生きる。60歳あるいは65歳に引退して、膨大なリタイア生活を送る・・・…

人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?

ボナンザの開発者、山本一成さんの「人工知能はどのようにして『名人』を超えたのか?」を読みました。サブタイトルは、「最強の将棋AIボナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質」です。ボナンザの開発を通して、あるいはアルファ碁の解…

幸福の「資本」論

橘玲さんの「幸福の『資本』論 あなたの未来を決める『3つの資本』と『8つの人生パターン』」を読みました。3つの資本とは、「金融資産(資本)」「人的資本」「社会資本」の3つ。8つの人生パターンはこの3つの資本の充足度の組み合わせで、2×2×2=8になりま…

生涯投資家

村上世彰さんの「生涯投資家」を読みました。非常に勉強になりました。この本を読んで、村上さんの考え方、投資家とは何なのか、また、上場企業とは何なのかを改めて考えるきっかけとなり、非常に刺激を受けました。また、日本の歪んだ持ち合いが、資金の流…

22年目の告白 私が殺人犯です

浜口倫太郎さんの「22年目の告白・私が殺人犯です」を読みました。これ、映画が先にあって、そのノベライズみたいですが、面白かったです。映画の予告を見て、ずっと見たいなと思っていたのだけど、どうしても時間が作れずまだ見られていません。本屋で手に…

超一流になるのは才能か努力か?

アンダースエリクソンさんとロバートプールさんの「超一流になるのは才能か努力か?」を読みました。凄い本です。色々な人に推薦したいです。結論をいってしまうと「努力」です。努力の質と量が天才を生み出している根源。先天的なものはほとんど影響しない…

ドキュメント 金融庁vs地銀

読売新聞東京本社経済部の「ドキュメント 金融庁vs地銀 生き残る銀行はどこか」を読みました。タイトルのごとく、ドキュメント。金融業界の今を浮き彫りにした感じですね。金融機関を相手に仕事をしていた時、商業銀行の存在価値っていうのをずっと考えてい…

陸王

池井戸潤さんの「陸王」を読みました。何となく結果は判っているのだけど、ちょっとだけひねりがあって、ハラハラして、とにかく最後まで楽しく読むことができました。いや、本当に成功するか確証がない中で、仕事を頑張り続けるっていうのは精神的にかなり…

アキラとあきら

池井戸潤さんの「アキラとあきら」を読みました。久々の池井戸作品です。ある意味予想通りの展開で、日本人の大好きな水戸黄門的な部分もありますが、やっぱり面白かったです。「アキラとあきら」、二人のあきらの対決なのかと思いきや、別にそういうもので…

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

樺沢紫苑さんの「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術」を読みました。基本的には集中力を高めるために意識すべきこと、やるべきこと、やってはいけないことなどをまとめたもので、自分の経験から言っても説得力の高い内容のような気がする。 …

銀行はこれからどうなるのか

泉田良輔さんの「銀行はこれからどうなるのか?」を読みました。預金のあり方が変わるというのはちょっとショッキングでした。確かに。日常の買い物を全てAmazonでしていくようになるなら、給与の一定額でAmazonの通貨を買っておく、そしてそれに割引ポイン…

ロジカル・ライティング

照屋華子さんの「ロジカル・ライティング」を読みました。実は会社の研修で読むことを義務付けられた本。この手の研修は、若手・中堅が受けるべきなんだろうとは思うけど、受講させてもらえるのはありがたい。1年半前に異動してから、レポートを提出する先が…

非産運用

橋本卓典さんの「捨てられる銀行2 非産運用」を読みました。それにしても日本の金融機関というのは・・・です。割と最初の方に「森金融庁が、資産運用・資産形成の改革を進めるにあたり、金融機関に求めていくフィデューシャリー・デューティーを『受託者責…

人工知能の核心

NHKスペシャルの書籍化といってしまえばそうなのだけど、テレビで放映された内容とは違った角度で編集されているようでもあり、天才羽生善治が人工知能をどうとらえているかを知る意味で大変有意義な作品でした。そして、羽生さんはやはり天才であり、このタ…